【Moldiv】テキスト・スタンプ・コラージュで気分は雑誌編集者

Moldiv コラージュフォトエディター

Version
2.6
Language
日本語
Price
無料
  • 複数枚の写真を合成、編集できる
  • 数百種類のスタンプとテキストを搭載
  • SNSへの連携機能も充実

シンプルで使いやすいコラージュアプリです。Moldivさえあれば他のコラージュアプリは必要なくなるかも?

アプリ情報は記事を公開した日付現在の物となります。有料アプリはストア内にて最新価格を参照してください。
スクリーンショットは閲覧する端末によりレイアウトが異なる場合があります。

写真そのもののクオリティを高めることに満足してきたら、今度はコラージュで「写真の見せ方」を意識するのはどうでしょうか。
編集者の気分で雑誌の1ページをデザインしてみましょう。youtubeのチュートリアルが内蔵されているのでまず主な使い方を確認してみましょう。

150305_moldiv_01

80種類の基本フレームが選べ、さらに100種類のプレミアムフレームもあります(有料)。このうちから一つ選んで各コマに写真を入れ込んでいくだけ。従来のコラージュアプリ同様シンプルにできています。

150305_moldiv_02

フレームの細部を調整できるのがこのアプリの一歩進んだところでしょうか。角を丸くする、マスとマスの間隔、余白の調整、画面自体の縦横比などを変更できます。

150305_moldiv_03

もう少しアイデアが欲しい場合は、基本フレーム画面を右にスワイプすると「Moldivギャラリー」があります。これはインスタグラム上の「#Moldiv」とハッシュタグのついた作品を閲覧できるというわけです。

150305_moldiv_04

もっと手軽に楽しみたい場合は基本画面下部の「マガジン」からテンプレートを選べば、その名の通り雑誌の雰囲気そのままに編集することができます。右角に水色の丸があるものはプレミアムフレーム(有料)。

150305_moldiv_05

ひとつ選んで点線で囲まれているフレームをタップして写真を入れ、下部中央のTマークでテキストの挿入、星マークで様々な形に写真の切り抜きを加えることができます。

150305_moldiv_06

タップしてカメラロールから写真を挿入、花形に写真を切り抜いたものにテキストをかぶせてみました。表情の違う多数のフォントやスタンプも用意され、ひとつひとつの要素の拡大縮小、回転、フィルター加工も簡単にできます。

150305_moldiv_07

最近はすっかり雑誌から縁遠くなってしまっていますが、また本屋へ立ち寄りたくなりますね。

 


 

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部