「Adobe Photoshop Express」仕事でも使えるレタッチ重視のアプリ

1990年にPC用画像編集ソフトとして誕生してから、いまも変わらず出版やウェブの世界のプロに愛され続けている「Adobe Photoshop」。しかし趣味のレベルでは使いこなすにはあまりに時間がかかる上に、ハウツー本を買ってもピンとこない。そこでその主要な機能を集めたスマホ版アプリが登場です。難ありの画像をきれいに蘇らせる「レタッチ」の本来の仕事を重視した、仕事でも使える優れものです。

Adobe IDにサインアップすれば、さらに幅広い機能が使えます。フェイスブックのIDでもログインできるので簡単です。

150309_photoshop_01

150309_photoshop_02

インターフェースは英語ですがそれほど難しくはありません。まずは撮影してみましょう。

150309_photoshop_03

元画像はこちら、街中で見かけたローラさんのポスター。

150309_photoshop_04

なんといっても自動で赤目を判定・修正してくれる「赤目補正」が一番使用頻度が高そうです。人間だけでなくペットにも適用可能。画面下部の目のマークを押すだけで自動で解析してくれます。この場合は直す必要なしと表示がでました。

150309_photoshop_05

画面のざらつきや多少の汚れなどは「Reduce Noise」でぐっと見栄えが良くなります。肌の質感がなめらかになりましたね。

150309_photoshop_06

150309_photoshop_07

仕上げにレトロ風フィルターとフレームを加えて出来上がりました。

150309_photoshop_08

ひとつひとつの動作がやや遅いのが難点ですが、仕事にも使えるクオリティです。飾り立てるフィルタやフレーム使いもいいですが、キズやホコリを取り除く「フォトレタッチ」という基礎の大事さを教えてくれます。


DL

Writer Profile

mio@saba-navi.com