【コラム】iOS8.2にアップデートすると削除できないApple Watchアプリが追加される?

ios8 先日発表された「Apple Watch」に合わせ、最新のiOS8.2が公開されました。
早速アップデートされた方もいると思いますが、実はアップデートすることで”ある消せないアプリ”がインストールされます。

必ずしも使用する訳ではないアプリのインストールはiPhoneユーザーに様々な影響を与えるかもしれません。

筆者も早速iOS8.2にアップデートを行ってみました。
すると…

 

11063368_675899919186412_1489585742_n 「Apple Watch」アプリが自動的に追加されてる?

 

さて、新しいOSでも堪能しよう!
…あれ?見慣れないアプリが。「Apple Watch」の専用アプリが自動的にインストールされていました。

先日の発表会では「Apple Watch」の専用アプリはAppStoreから必要な人が別途ダウンロードする物と思っていましたが、標準搭載になった様です。

 

11039746_675901189186285_550554742_n「ペアリングを開始」は発売まで”おあずけ”

 

試しに起動してみました。本体の時間の読み込んで「こんばんは」と表示されるのは時計だけあって時間も意識しているのでしょうね。

それに、まだ未発売なので「Apple Watch」を入手するまで「ペアリングを開始」することはできません。

 

11050968_675901202519617_297324887_n 11040290_675901185852952_1004203644_n 「コンテンツ」をタップするとAppleの公式サイトでも配信されている「Apple Watch」のムービーを見ることができます。

「App Store」をタップすると実際はグランスを購入する事のできる画面が表示されるはずですが、現在は4月10日 予約注文に関する広告が表示されるのみでした。ちょっと期待していたのですが…発売まで待ちます。

 

「Apple Watch」の購入を予定している方には先行配信として良いアプリなのですが、OSのアップデートで強制的にインストールされ、削除することができないので、注意が必要です。

 

※OSのアップデートで様々な不具合や脆弱性の改善、パフォーマンスの向上など施されていることが多いため、iPg*編集部ではOSのアップデートを推奨しています。

 

出典:Apple

Writer Profile

yuichi.k

yuichi.k