【Afterlight】これひとつで細かい編集調整+個性的な切り抜き加工や合成が可能

Afterlight

Version
2.7.1
Language
英語
Price
120
  • 色温度や露出など15の調整項目がスライドバーで簡単
  • カラーフィルターは3種類をかけ合わせ可能
  • 汚れた質感を出すテクスチャ加工や、フレーム加工も

スライダーでかんたん操作なのに本格編集。
合成でいろいろ試したくなります。

アプリ情報は記事を公開した日付現在の物となります。有料アプリはストア内にて最新価格を参照してください。

IMG_0573 af10

 「Afterlight」は画像加工の調整項目が非常に細かく、より高度な編集ができます。

af7

明るさ、コントラスト、彩度、露出、ハイライト、シャドウ、透明度、ハイライト・シャドウ・中間の色調整、色温度、トンネル効果、粒子、シャープが、スライダーを動かすだけで調整できます。

起動画面はこちら。

af9

写真を選んだら、画面下部に表示された5つのアイコン(調整、カラーフィルター、テクスチャー、編集、枠)から選んで加工しきます。

カラーフィルターはOriginal(23種無料)、Guest(15種類)、Season(19種類)の3つが無料。Original、Guest、Seasonでかけあわせることもできます。

さらに、テクスチャでは、汚れた風合いを出すDusty、光が漏れたような仕上がりになるLight leakが無料。Instant filmとWanderはそれぞれ120円で追加できます。

編集では、トリミングなどのほか、写真を2枚合成することも。合成のしかたはscreenやoverlayなど8種類です。

 

af8  af4 af5 af6

枠は、通常の丸等の他、アルファベットで切り抜くことができるのが面白いです。
透明度も変更可能です。

 af2af1

 

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部