【接写用雲台】セット位置を変えずにカメラ位置を微調整できるフォーカシングレール

2015052200030_1.jpg.pagespeed.ce.GCz_FV6SNN

ケンコー・トキナーは、雲台のセット位置を変えずにカメラの位置を日氷精できる「2WAYフォーカシングレール」を発売しました。

三脚を設置してカメラをセットした際「あともうちょっとこっち…いや、あっち…」という事はありませんか?そのような微調整が必要な際にこの「2WAYフォーカシングレール」が役立ちます。
被写体が小さい物ほど微調整が必要なケースがありますので、雲台を動かしてカメラ位置をセットできるのは便利ですね。

5月22日より発売開始で、価格は16,800円(税別)となっています。

 

接写、複写の際、カメラの微妙な差で目的の画が撮れない場合があります。
これを三脚ごと動かして調整することは非常に困難です。
そこで威力を発揮するのが2WAYフォーカシングレール。
前後50mm、左右55mmの微動が可能。
三脚で大まかな位置を決めてから、カメラの微妙な位置取りを調整できます。

■取り付けは三脚の雲台、コピースタンドに直接U1/4カメラネジで取り付け可能。
■カメラの取り付けはU1/4カメラネジ。大きなツマミでしっかり取り付け可能。
■ツマミの回転で、前後・左右に微動可能。ロックレバー等の操作は不要です。
[2015年5月22日発売]

xy_focus_3_300

 

出典:http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/eq/eq-digital/close/etc/4961607809198.html

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部