【ニュース】昔のiPhoneやiPadに最適化された最新のiOS9が登場する?

741ab017-2036-4a05-98cf-cf1582b4acd3_messages

2015年6月8日から開催される「WWDC」にてAppleはiOS9を発表すると予測されていますが、ここで旧端末に最適化された「iOS9」をリリースするという情報が9to5Macにて公開されています。

iPhoneやiPadはモデルチェンジしても最新のiOSを適用できるなど、アフターサポートも優れています。
しかし、最新のOSは最新のiPhoneやiPadに最適化されたもので、旧端末をアップデートする度に動作が重くなるなど、買い替えも検討させるほど動作に問題もでてくるケースがありました。

今回登場する予定の「iOS9」は次期iPhoneである「iPhone6s」に最適化された物と予測されますが、どうやら「iOS9のコア」を利用した「簡易版の「iOS9」が発表されるのではないか?と言われています。

情報では一部の機能は使用できないなど、最新端末に比べ制限された部分が出てくるとのこと。
機能制限は仕方のないことですが、動作に対する負荷が軽減されたものであれば旧端末も現役(までは行かず、サブ端末)として再び役立てそうです。

 

iPhone4Sはサイズ感が非常に支持されており、写真を撮影するにも「サッと出せてサッと撮れる端末」として個人的にも重宝しています。
そのiPhone4Sが最新のiOSで軽快に動作するのであれば、サブカメラ端末や音楽プレイヤーとして再び持ち歩きたいですね。

 

 

出典:9to5Mac

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部