【コラム】SIMフリーのTORQUE G02をイチ早く入手する方法

top_main-visual

ハウジングなしで海中撮影が可能のスマートフォン「TORQUE G02」ですすが、発表と同時に非常に注目を浴びています。

7月上旬発売ということで、早く購入して海や山などアウトドアに持って行きたいと思いませんか?
とくに海中撮影に関しては未体験なものなので試してみたいですね。

ただし「TORQUE G02」はauから登場ということで、docomoやSoftBankのSIMカードを利用したい場合、SIMロックを解除する必要があります。
docomoやSoftBankからMNPすれば良い、という考えもありますが、それは「TORQUE G02」をメインとして使う場合…。

今回は「TORQUE G02」を「SIMフリー端末としてイチ早く入手する方法」を解説していきます。 

 

SIMロック解除受付は購入後180日から

2015年5月1日から、携帯電話キャリア各社はSIMロック解除の義務化により、原則としてSIMロック解除を可能とした端末を発売しています。
ただし、購入してもすぐには解除することはできません。

SIMロック解除には、購入日から180日間の猶予期間が存在します。
どうやら、不正購入などの対策により一定期間の縛りを設けたようですので、購入から180日間はどうしても待つ必要があります。

つまり「TORQUE G02」を発売当日に購入してもSIMロック解除は受け付けてもらえないのです。

20150529_kddivia:auお客様サポート

 

購入から180日使うのは抵抗がある…

どうしても購入してすぐにSIMロック解除したい、auと契約せずにSIMフリー版の「TORQUE G02」が欲しい!
そんな場合は、とりあえず発売から180日近く待ちましょう。

auの規定では、白ロムでも中古端末でも購入元がハッキリしている場合、自分の身分を証明するものを提出できる場合にSIMロック解除の手続きに応じてもらえるようです。

つまり、「TORQUE G02」の発売から180日くらいに出品されている白ロムや中古品かつ、購入日時が分かる物を入手しましょう。
この方法であれば、auと契約する必要がなく、定価より比較的安価に入手することが可能です。

20150529_musuvia:ムスビー

 

アンオフィシャルのSIMロック解除を待つ

Androidのスマートフォンは、アンオフィシャルにてSIMロックを解除するツールを配布していたり、解除方法を発見する方々がいます。

もちろん、auの指定方法以外でSIMロックを解除した場合は一切の保証が受けられなくなるので注意が必要です。

それにその様なSIMロック解除の方法は一般ユーザーには敷居が高く、操作を間違えると端末が壊れてしまう場合もありますので、熟知したユーザーでない限りオススメできません。

また、アンオフィシャルでSIMロックが解除されたのは「XPERIA」「GALAXY」などグローバルに販売されている端末が殆どなので、「TORQUE G02」で解除される可能性は未知数だったりします。

20150529_lockvia:がじぇぶ!

 

結論として 

SIMフリーの「TORQUE G02」を入手するには、最短でも発売から180日待たないといけません。それだけは絶対条件になります。
また、有志がSIMロック解除の方法見つける可能性に関しては、あまり期待しないほうが良さそうですね。

耐海水性能にこだわらない方は、初代のSIMフリー「TORQUE」やau版「TORQUE G01」、docomo版「GALAXY S5 Active」などの選択肢もあります。

 

Writer Profile

yuichi.k

yuichi.k