【コラム】水に浸かっていないのに水没?夏はポケット水没に注意

repair_submergence_contents3_2_s1

ある日突然、スマホが機能しなくなった…

もしかしたらそれはポケット水没」かもしれません。

 夏が近づくにつれ、水場での水没の他にズボンのポケットでスマホを水没させたり、破損させたりするケースが増えています。「水なんかに浸していないのに!」「何もしていないのに壊れた!」そんな最悪な事にならないように、今回はポケット水没について説明していきます。 

a0002_010303

ポケット水没って?

厚い生地のジーンズやズボンの前ポケットは通気性が悪いため、高温かつ湿度が高く、蒸されて水没してしまう場合があります。
蒸されるだけでなく本体と液晶の接着されている部分が剥がれてきたり、基板が腐食してしまうことも。

自分のスマホは防水機能付きだから大丈夫!

と思っていても対応機種のほとんどは生活防水(濡れた手で触る、常温の水道水がかかる程度)なので、ポケット内だけでなく、高温で湿度の高い場所であれば水没と同様の状況になる可能性はあります。

ガラケー時代からあるポケット水没

筆者はガラケー利用時に一度だけポケット水没をさせたことがあります。
その時は動作的には問題がなかったのですが、液晶と本体の接着面が剥がれてきたので持ち込み修理にショップに。
すると、

「これは水没していますね。全損扱いです」

水に浸かっていないのに水没判定と判断されました。
どうやらポケット中で蒸されたガラケーの中の「水没判定シール」が見事に反応してしまったようです。

水没判定シールが反応している場合の多くは、基板が腐食している可能性を疑われ、高価な基盤交換修理になりました。

現在も水没に関しては各携帯電話キャリアの判定は厳しく、保険に入っていても全損扱いや高額の修理金額が提示される可能性もあるで注意が必要です。

a0002_010304 

ポケット以外にも注意が必要!

夏場に長時間スマホを操作すると本体が非常に高温になりますが、扱い方次第でこれもまた水没になってしまう場合があるので注意が必要です。

まずは手汗による水没の危険性です。
高温のスマホを長らく持っていると手汗などがじわじわ出てくると思います。
そのような塩分を含む液体が、充電端子やイヤホンジャックから侵入した場合、充電機能などを司る基板が腐食する恐れがあります。
結果、充電ができなくなったり電源が入らなくなる症状が発生します。

タオルなどで手をこまめに拭いたり、スマホを冷ましてから利用しましょう。

ただし、スマホを冷やす際にも注意が必要です。それは激しい温度差による結露で水没する可能性です。

例えば、ゲームを長時間行なって熱くなったスマホに対し、
「冷蔵庫にいれる」「氷で冷やす」「クーラーに直であてる」 など急激な温度差で冷却すると、内部に結露が生じて基板がショートしたり、水没判定シールが反応してしまいます。

スマホを急いで冷やしたい場合は、常温の風を当てたり、熱を吸い取るようなシートや金属の利用、一時的に電源を切って放置などで対処しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
スマホはいつも身につけている便利な精密機器ですが、常に故障やトラブルと隣合わせなものでもあります。
故障すると高額な修理費用に泣かされることもあります。そうならないように日頃から意識して使用することが大事ですね。

 

Writer Profile

yuichi.k

yuichi.k