【遠隔カメラ】プラネックス、最大36台同時接続が可能な名刺サイズのネットワークカメラを発売

cs-w50hd

PLANEXは「カメラ一発!」シリーズの最小モデル「PLANEX カメラ一発! 小型無線ネットワークカメラ 100万画素/暗視撮影/マイク・スピーカー内蔵 CS-W50HD 」を6月1日に発売しました。
「カメラ一発!CS-W50HD」はクラウド対応のネットワークカメラで赤外線による暗視モードにも対応。最大36台のカメラを同時モニタリングができます(WindowsPCのみ)。

対応機器は、WindowsPC、iOS、Android、Kindleとなっており各専用アプリを導入することで出先でもモニタリングが可能です。

価格はオープンプライスで、Amazonでは13,949円(税込 2015年6月2日現在)となっています。

 

▼カメラ一発!シリーズ最小サイズ

カメラ本体は直径約7cmと小型で、スタンドを含めても高さ約9.6cmと限られたスペースにも無理なく設置することができます。

img_size

▼プッシュ通知に対応したアラート機能

撮影している映像の変化を検知する動体検知機能と、音の発生をとらえる音声検知機能を搭載。検知したアラートはスマートフォンやタブレットへプッシュ通知することができます。
アラート検知に連動した動画の録画機能は5秒前から開始されるため、アラートが発生した大事な瞬間を逃しません。

img_alert

▼マイク&スピーカー内蔵の音声双方向機能

カメラ本体にマイクを内蔵しているので、映像と共に音声も同時に再生されます。映像だけでは伝わらない設置場所の様子を、遠く離れた場所から確認することができます。
また、スピーカーもカメラ本体に内蔵されているため、離れた場所からカメラ設置エリアへの話し掛けが可能です。例えば、動体検知機能に連動させ侵入者を検知した場合、映像を見ている本人の声やサイレンで威嚇することもできます。

img_sound

▼周囲が暗くなっても撮影可能

カメラの前面に昼用/夜用2つのレンズと赤外線LEDを搭載。周囲の明るさを認識し、暗くなると自動的に赤外線撮影に切り替わります。特別な操作を必要とせず、設置したままで昼でも夜でも被写体をクリアに撮影することが可能なため防犯対策等に最適な製品です。

img_lens

 

出典:PLANEX

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部