[CP+2015]撮影後にフォーカスを自由に変更できるライトフィールドカメラLYTROって?

CP_lytro_001

LYTROは、撮影後にフォーカスを自由に変更できる“ライトフィールドカメラ”機能を実装したデジタルカメラです。と言ってもまさにピント来ませんよね。例えば手前に林檎を、奥にオレンジを置いたとします。手前にピントを合わせれば、林檎にピントがあって奥にあるオレンジはぼやけます。撮影後奥にピントを合わす事が出来るのがLytroなのです。論より証拠まずはこのサンプルを見てください。

「Lytro Illum」は、デジタル一眼レフに近いデザインでやや大きめのボディです。レンズの焦点距離は9.5~77.8mmで、35mm換算だと30~250mmに相当。8倍ズームにまで対応しています。

CP_lytro_002

ズーム全域でF2.0固定。またLytroで撮影したデータはPCで専用のソフトを使い、ズーム、フォーカス移動、被写界深度や視点の移動などを調整することが可能です。現在の平均価格が21万円前後です。では、最後に最近 Lytro Illumを使用して制作されたミュージックビデオを見てみましょう。

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部