【ニュース】2015年夏モデルのAndroidは発熱問題で高温になる?

810_2

2015年夏モデルの「ARROWS NX F-04 G」「AQUOS ZETA SH-03G」「XPERIA Z4 SO-03G」において、発熱のため定期的な電源OFFやバックアップを促すものがドコモショップにて掲示されています。

最新のCMOSセンサーのExmor RS IMX230や虹彩認証を搭載した「ARROWS NX F-04 G」、カメラ性能を更にチューニングした「XPERIA Z4 SO-03G」と、魅力のある端末だけに、事の真相が気になります。

この内容は、ドコモショップ独自のものなのか、それともNTTドコモからの通達なのかわかりません。

810_1クリックで拡大

●定期的な電源OFF
●充電中の電源OFF
●定期的なバックアップ
●複数台利用(タブレット併用等)による負荷の軽減

※スマホが高温になると、急な電源自動OFF/電源が立ち上がらない/データ消失等のリスクがあります。

 

これらのスマートフォンは、SoCにSnapDragon810(以下810)という最新のオクタコア64bitCPUが採用されています。

810は発熱やバッテリー消費に関する問題があると報じられており、SamsungやLGが810を避けるように別のSoCを搭載したスマホ(GALAXY S6/S6 edge、isai vivid)を投下しています。

しかし、一方で810の発熱問題はデマであるというニュースや、発熱対策品を採用しているので問題はない、という情報も流れています。

 

まだ発売前で、事の真相はわかりませんが、これからもっと暑くなる夏場の利用に関して不安になる要素ではありますね。

 

 

出典:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1433680020/

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部