【新型iPhone】フロントカメラ強化で自撮り機能もアップデート?

screen-shot-2014-09-22-at-9-14-58-am

新型iPhoneに搭載されるフロントカメラが、大幅にアップデートされる可能性があると、9to5macが報じています。

公開されている開発者向けiOS9のベータ版のコードからその内容が確認されました。

アップデート内容は、現在のiPhone6/6Plusの720pから1080p対応になり、フラッシュの搭載、240fpsのスローモーション撮影にも対応。その他、パノラマ撮影などもサポートしているようです。

 

フロントカメラの高性能化はここ最近になり、目立ってくる様になりましたが、1300万画素のフロントカメラを搭載したZenfone SelfieHTCj Butterfly HTV31の様な「自撮り機能」を意識したものかは不明。

iPhone4Sは30万画素、iPhone5〜iPhone6/6Plusは120万画素と、他のスマホと比較して大幅に低い画素数でしたが、新型iPhoneは1080p対応となると最低でも200万画素のフロントカメラが搭載されることになります。

 

出典:9to5mac

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部