【ニュース】SONY、スマホ用CMOSイメージセンサが好調。Appleの大量発注や中国スマホにも採用。

8ido1800000fzdt8

SONYがスマホやタブレット向けたCMOSイメージセンサーの生産能力を増強すると報じています。

2015年2月に1000億円をかけて設備投資を行ったのに続き、4月に追加で450億円。この増資により生産能力が現行の単月6万枚から2016年9月末時点で8万7000枚まで増強されるとのこと。

SONYのCMOSイメージセンサー「Exmor」シリーズは他社のCMOSイメージセンサーと比べ群を抜いて優れていることから、撮影能力が高いスマホにはほぼ採用されています。

XPERIAシリーズを初めiPhoneシリーズに採用されていることでも有名で、新型iPhoneのiPhone6sにも2015年4月から出荷される新型Exmor RS IMX230が搭載されると予測されており、大量発注をかけているようです。
以外にも近年勢いのある中国スマホメーカーのXiaomi、Huawei、ZTEなども同社のExmorを大量発注しているため、品薄状態になっていることも報じられています。

そのため、部材を調達できないスマホメーカーは、発売時期をずらしたり、他社のCMOSイメージセンサーに変更するなど部材の調達が不安定だった影響か、GALAXY S6などでは、SONY製とサムスン製のCMOSイメージセンサーが混在する様な事態になっています。


出典:日本経済新聞


 

 

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部