■アプリレビュー■【Adobe Brush】写真をブラシに変換。フォトショやイラレで使えるCreative Cloud対応アプリ

Adobe Brush CC

Version
1.2
Language
日本語・その他
Price
Free
  • 写真や画像からブラシを作成できる
  • Creative Cloud に対応
  • Photoshopや Illustrator で使用可能

豊富な編集項目で細かい設定ができます。

アプリ情報は記事を公開した日付現在の物となります。有料アプリはストア内にて最新価格を参照してください。
スクリーンショットは閲覧する端末によりレイアウトが異なる場合があります。

写真や画像からブラシを作ろう

Adobe Brushは写真や画像からブラシが作れるツールアプリ。

空の写真から、

IMG_2118

 

チュ—ブから出てきた練り歯磨き粉みたいなブラシができました。

IMG_2260

 

どんな風に作るのか、細かく見ていきましょう。

写真を1枚選んだら、
ブラシのスタイルを選ぶ画面が表示されます。

IMG_2257

 

IMG_2258

好きなスタイルを選ぶと、完成系が表示されます。Photoshopのスケッチブラシを選んでみました。

編集画面で、変化を確認しながら細かく設定していきます。どのスタイルのブラシを選択するかによって、設定できることは変わってきます。

IMG_2262

 

調整では、写真から透明にする部分を選べます。写真から空の部分だけを残したい場合、草のところをタップすると、近い色合いが透明になります。透明度合いは、バーで調節することができます。

消しゴム機能で、選択して消すこともできます。

IMG_2263

 

プリセットでは、ブラシサイズを変更したり、テクスチャの項目から、ノイズを加えたり、フェード(じょじょに消えていく効果)やテーパー(先を尖らせる効果)を選んだりもできます。

ノイズを加えてみたら、ざらざらっとした砂絵みたいな質感になりました。

IMG_2264

 

保存すると、マイライブラリに保存されます。

Creative Cloud に対応しており、作ったブラシはAdobe Photoshop CC、Adobe Illustrator CC、iPadアプリAdobe Photoshop Sketchのブラシとして使用できます。

なお、アプリを利用するためには、Adobeアカウントが必要です(メールの登録でかんたんに作ることができます)。

Writer Profile

与儀明子

与儀明子