【新型iPhone】Force Touch搭載のiPhone6sの初期ロットが生産開始か

iPhone-6-640x466

新型のiPhone6sは、Apple Watchと同じ「Force Touch(フォースタッチ)」を採用したフロントパネルを搭載し、初期ロットの生産を開始したと海外メディアのCult of macが報じています。

「Force Touch」とは、タッチパネルに対し圧力を感知する技術を指します。この技術が追加されることで、従来の「タップ」に加え「プレス」といった押し込む形のアクションが追加されます。

iPhone6sは現行機のiPhone6やiPhone6Plusと同じ、4.7インチと5.5インチモデルが投入される様で、外観に大きな変更はなく、ほぼ同じになるとのこと。
6からの変更点は主に、「Force Touchの追加」「新型CPUの搭載」「大幅に改善されたカメラ」「RAMの増量」などの改良があり、更に噂段階ではありますが「サファイヤガラスの搭載」の可能性もあります。

 

iPhone6sは、早期に登場すると予測されていますが、iOS9の開発進行状態により従来の時期である9月に発表される可能性が高いのではないでしょうか。

 

出典:http://www.cultofmac.com/327535/apple-is-already-making-force-touch-iphones/

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部