iPhoneで花火をとる4つのコツ

たくさんの花火大会が開催される夏。完璧な一枚を撮ってインスタグラムにアップしたいところですが、さてどうしたらいいでしょう?

a0070_000215

ボケた写真なんてダメダメ!
今年こそは奇麗な写真を撮ってSNSに投稿し、フォロワーのみんなをびっくりさせましょう。

1.HDRは確実にオンにする

HDRは露出を変えつつ複数枚の写真を撮影し、それらを合成する機能。OSXDailyによると「光の軌跡とその他の細部は一枚の画像ではどうしても収められない」とあります。画面上部のHDRボタンをオンにして黄色になっていることを確認しましょう。

11850991_759199774189759_1011790784_n

▶︎HDRとは何かを見てみる

2.適正露出を見つけたら、その露出をロックしよう

ほとんどの人がiPhoneで何ができるのかを把握していませんし、露出をマスターするのはなかなか難しいものです。花火を撮ったあとに見直してみて、適正な露出を見つけたらそれをロックすることで、のちの写真がぐっとよくなります。

露出をロックするには、画像のフォーカスしたい部分をタップしましょう。黄色いボックスが現れたら「AE/AF ロック」のサインが出るまで押しましょう。

11846297_759200257523044_1128389086_n

 

▶︎AFロックについて詳しく見る

3.十分な保存ができるだけのメモリが残っているか確認しておきましょう

良い写真が出来上がるまでにはたくさんのいまいちな写真の存在があるものです。完璧なショットに近づく秘訣はできるだけ多くの写真を撮ったのち、最高の1枚を選ぶことです。そのためには十分なメモリの空きスペースを確保してから、花火のグランドフィナーレを迎えましょう。

4.花火のクライマックスの間にバーストモードを試してみよう

数秒間の間に連打すれば立て続けに写真は撮れますが、iPhone6ならバーストモード使用で10枚/秒の撮影が可能。これで最高の瞬間を逃す心配もありません。(撮影ボタンを長押しでバースト撮影ができます。)

出典:http://www.businessinsider.com/how-to-photograph-fireworks-on-iphone-2015-7

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部