【ニュース】カメラ向けるだけで翻訳する最新のGoogle翻訳を公開

001l

Googleは、Google翻訳アプリのインスタントビジュアル翻訳の機能「World lens」の対応言語を27言語に拡大しました。

「インスタントビジュアル翻訳」とは、スマホのカメラを用いて標識や看板などに記載されている文字をリアルタイム翻訳するという機能(上部画像参照)。
今までのカメラを用いた翻訳機能は、撮影後に指定場所をスキャンして文字を翻訳するものでしたが、今回のアップデートでカメラを向けるだけでリアルタイム翻訳を行えるようになりました。

 

Android版の7月29日更新の最新版の情報では、World Lensの対応言語に日本語が含まれておらず、まだ対応されていないようです。

2015-07-30 07.58.35

 

 

出典:http://news.mynavi.jp/news/2015/07/30/154/

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部