【連載】Panasonic DMC-CM1に偏光フィルターを装着



【以前の記事】
第一回:Panasonic Lumix DMC-CM1活用法

前回から時間が経ったが、今回はCP−Lフィルターを紹介したい。

01※クリックで拡大

C-PLフィルターは、偏光フィルターといい、ガラスの反射光や 水面の反射光を低減することが可能なフィルターのことである。

C-PLフィルターは、前枠部分を回転させることで反射光を抑える効果を発揮する。 例えば水面を撮影したときに水面が光ってしまうといった場合に、CP-Lフィルターを使うことで反射光をぐっと抑え、水中まで撮ることが可能になる。

 

【CP-Lフィルターなし】

02※クリックで拡大

【CP-Lフィルターあり】

03※クリックで拡大

次に大理石壁面の反射光を低減させる効果を試してみる。

 

【CP-Lフィルターなし】

04※クリックで拡大

 

【CP-Lフィルターあり】

05※クリックで拡大

 

このように自然界には様々な反射光があるが、CP-Lフィルターを使うことで、それらの邪魔な光を取り除くことが可能となり、より良い写真に仕上げることが可能となる。

以下のアイテムは今回の撮影に利用したCM1用フィルターセットとエクステンションチューブである。是非参考にしていただきたい。


Writer Profile

TJ

TJ