【ニュース】iPhone6 Plusのカメラに不具合…交換プログラムを依頼してみた

iphonecamera

あれ?写真ぼやけた?

iPhone6 Plusの写真が何だかぼやけで上手く撮影できない…。と思ったらそれは不具合のせいかもしれません。

 

iPhone6 Plusの一部に不具合があると発表

Apple曰く、2014年9月〜2015年1月に販売されたiPhone6 Plusの一部に背面のiSightカメラに不具合があり、撮影した写真がぼやけて見える場合があるとのこと。
また、同時に「iSightカメラ交換プログラム」を開始しました。

対象となるのは上記期間に販売された特定のシリアル番号を持つiPhone6 Plus。
iPhone6やその他iPhoneはこの不具合は確認されていない様です。

 

交換プログラムを利用には

まずは本体のシリアル番号を確認します。
シリアル番号は、nanoSIMカードトレイに刻印されている物を見るか、iOSの設定で確認することができます。

シリアル番号の確認方法は「設定」-「一般」-「情報」からシリアル番号を確認してみましょう。

iphone_5s_about

こちらの「iSightカメラ交換プログラム」のサイトにシリアル番号を入力する場所があります。

▼交換対象外の場合

iSight_serial_no

▼交換対象の場合

iSight_serial_yes

 

ということで、iPg*編集部でも交換対象のiPhone6 Plusを確認した訳ですが、依頼するならやはり直営店の「Apple Store」に持ち込みが一番手っ取り早いかなと思いつつ、選択するも…「予約できません」との表示が!?

どうやら都内の「Apple Store」では予約がいっぱいで受付は難しい様子。

仕方なく、推奨されている配送での修理を希望するも、「iPhoneを探すを無効にしないと受付できない」とのこと。
これは他の修理案件でも同様ですが、どこで設定するのかわからないケース多いので、泥沼にハマる前にオフにするやり方を検索しておきましょう。

Google検索:iPhoneを探す オフ

 

さて、配送にてカメラ交換プログラムを登録しましたが、これからAppleは新型iPhoneの発表や発売などが噂されているため、交換プログラムのレスポンスに影響がでないか気になってしまいます。

※修理依頼する場合は必ずiTunesかiCloudでデータのバックアップを取りましょう。
※液晶割れなどがある場合は、その分の修理代がかかる場合があるようです。

 

ごく一部の iPhone 6 Plus で、iSight カメラのコンポーネントの一部が故障し、撮影した写真がぼやけて見える場合があることが判明しました。影響が確認されているのは、主に 2014 年 9 月から 2015 年 1 月までの間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6 Plus です。

お使いの iPhone 6 Plus で撮影した写真がぼやけて見え、同機のシリアル番号が本プログラムの適用範囲内にある場合は、その iPhone 6 Plus の iSight カメラを無償で交換させていただきます。

 

出典:https://www.apple.com/jp/support/iphone6plus-isightcamera/

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部