【コラム】スマホ撮影に役立つ道具たちとは?

撮影の幅が広がる周辺ツール

スマホでの撮影も、多少の機材があるだけで撮影がぐんっと楽になります。あると便利な基本的な道具をピックアップしました。
一度に全てを揃えるよりも、自分の撮影スタイルに合わせて少しずつ買い足していくと良いと思います。

スマートフォン用三脚

0824_goods_002

スマホ向けに本格的な物も増えてきていますが、普段使いのカバンに入れても邪魔にならないサイズが便利です。普段から持ち歩くことが大切なので、携帯性がポイントです。
様々な角度で固定できる『自由度』を重視して選ぶと使いやすいですね。市販品にはそれぞれに一長一短あるので、初めは手の届きやすい物から選んで使ってみると良いです。

カメラ用の三脚に固定できるホルダー

0824_goods_004

最近は家電量販店などでもよく目にします。検索すると沢山出てくるので価格、色、サイズなどで選べます。
これを使うことで、カメラ用の三脚が使用出来る様になります。カメラ用の三脚は適度な重量もあり、なめらかで細かな調整も可能で、何より安定感があります。
スマートフォンでも三脚の選択の幅が広がるのはとても有効です。

自撮り棒でも代用可能。実は便利な一脚

0824_goods_005 三脚よりも認知度の低い一脚。その名の通り脚は一本なので通常は自立できません。
意図する高さで手ブレを抑えるのが得意なツールで機動性も高く、実はスマホ撮影向けの道具だと思っています。

また歩き撮りの際に、一脚の重量を利用してスタビライザーの様に使うこともできます。

0824_goods_006

想像以上に安定するので、手持ちで歩くよりも比較的揺れを抑えた映像が可能となります。

0824_goods_007

最近はマイクスタンドの様に自立するタイプもあります。これは三脚と一脚の良い面を併せ持っているので便利です。 

あると安心、モバイルバッテリー

スマホ撮影で一番の悩みは電源です。充電切れは避けたいですね。
小さな容量のタイプでも、モバイルバッテリーは常に持ち歩くと安心です。

0824_goods_008

メガネクリーナー

スマホのレンズは露出しているので、いつも汚れがちです。
レンズクリーナーは、ハンカチやタオルなどよりも油分に強く、指紋なども綺麗に落ちます。
メガネ屋さん貰える様なレンズクリーナーでも数枚持っていれば、レンズだけでなく画面もクリアに保てます。

0824_goods_009

道具に振り回されずに上手く付き合う

スマホでの撮影は「いつでも、どこでも」の気軽さがメリットですが、 少しだけ道具をプラスするだけで、驚くほど撮影環境が変わってきます。
今まで苦労していたことが「なんて楽になったの?」という感じ。それだけ楽しみも表現力も増加してきます。
いきなり高価なプロユースは必要無く、使うことで自分に合った道具が分かることもあるので、無理せず手近なところから試してみると良いでしょう。

Writer Profile

シミズ ヨシユキ