【初心者向け】今更聞けない!Instagramの基本中の基本

『Instagram』を使ったことはありますか?

 

2015-08-12 18.06.10

 

「いつも投稿してるよ!」というバリバリのヘビーユーザーから、「たまに使うかもしれない」というライトユーザーまで、使用頻度は様々だと思います。

 

もちろんInstagramを使ったことがない人もいます。Instagramに対して、「興味はあるけど今更始めるのは…」と感じる人、「おしゃれな写真が撮れるアプリ?」などという漠然としたイメージしか持っていない人、さらには名前ぐらいしか知らない人、そもそもInstagramを知らない人…

今回は、Instagramの基本的な使い方から、楽しく使うためのワンポイントアドバイスまで、これから新しくInstagramを始めようとする人や、始めたばかりのInstagram初心者さん向けに、これだけは知っておきたいという基本中の基本を解説します。

 

インストール ~ アカウント登録

 

まず、App StoreもしくはGoogle Playで「Instagram」と検索し、アプリをインストールしましょう。

 

インストールが終了したら、アプリを立ち上げ、メールアドレスを入力してInstagramアカウントを登録します。メールアドレスを入力したら、次はユーザーネームとパスワードを登録します。

 

2015-08-12 09.00.58

(赤い枠で囲ってある部分がユーザーネーム)

 

また、Facebookのアカウントがあれば、FacebookアカウントでInstagramを始めることができます。FacebookアカウントをInstagramに紐づけると、通知で「Facebookの友達の○○さんは、Instagram (ユーザーネーム: △△)を利用しています。」と教えてくれるので、より多くの人と“つながり”やすくなるというメリットがあります。

 

撮影

 

では、写真を撮ってみましょう。

 

画面下のカメラマークをタップすると、撮影画面になります。

 

2015-08-12 08.47.47

中央下にある青いボタンがシャッターとなっており、タップするとそのまま撮影が完了します。

 

撮影せずに手持ちの写真から投稿したい場合は左下の「ギャラリー」を、動画を撮影したい場合は「動画」をタップしましょう。また、背面カメラとインカメラの切り替えは中央左側の矢印アイコン、フラッシュのONとOFFは中央右側のフラッシュアイコンで切り替えることができます。

 

加工

 

撮った写真を加工します。どんな写真でも“おしゃれに見せる”ことができるInstagramの真骨頂を発揮する時がきました。

 

2015-08-12 08.43.19

約25種類以上のプリセットフィルターの中から、気になるフィルターをタップするだけで、写真が手軽に“おしゃれな雰囲気”に早変わりします。

 

2015-08-12 09.04.21 2015-08-12 09.04.53

同じ写真でも、フィルターを変えるだけで、写真から受ける印象が大分違ってきます。

 

2015-08-12 09.28.22

また、プリセットのフィルターでは物足りないという人は、中央のアイコンをタップして「LUX」で明るさやメリハリを調整すると、プリセットフィルター以上に、写真に“味”を持たせることができ、より「自分だけの一枚」を作ることができます。

 

もっとこだわりたい!さらにカスタマイズしたい!という自称“こだわり派”な人は、右側にあるスパナアイコンをタップすると、コントラストやストラクチャ、暖かさ、彩度、ハイライトなど、直感的な操作でかなり細かい所までカスタマイズができます。人と同じはイヤ!とことんこだわりたい!という“物好き”さんにおすすめです。

 

投稿

 

かっこよく仕上がった“会心の一枚”を投稿しましょう。

 

2015-08-12 08.52.22

キャプションには、写真の説明や写真に込めた“想い”などを書き込むと、写真を見つけてくれた人があなたをフォローしてくれたり、「いいね!」(後述)を付けてくれるでしょう。

また、一緒に写っている人を「タグ付け」することができます。

 

上記のタグ付けとは別に、Instagramには「ハッシュタグ」というものがあります。

 

2015-08-12 09.00.26

ハッシュタグは「#(半角シャープ)」の後に任意の単語を入れるだけで簡単に付けることができます。写真から連想するキーワードなどを思い思いに入力しましょう。ハッシュタグは一度に複数登録できますが、その場合はハッシュタグの間にスペースを入れてください。

例えばこちらの画像の場合、JR鶴見線の海芝浦駅(横浜)で撮影したので、ハッシュタグは、#train #yokohama #tsurumi #umishibaura #station …といった感じになります。ちなみにハッシュタグには日本語も利用できます。(例:#海芝浦 )

 

ハッシュタグを付けることによって、あなたの投稿がより多くの人の目に留まるようになるので、ハッシュタグのない投稿に比べ「いいね!」の数が増えることが期待されています。

なぜ多くの人の目に留まるようになるのか、ハッシュタグの役目などは、後述の「閲覧」で説明します。

 

「フォトマップ」は、“撮影した(行った)場所”を登録し、マップ上に写真を載せることができます。

 

2015-08-12 08.53.17 2015-08-12 09.32.22

登録は任意ですが、フォトマップ登録をした写真は、ユーザーページ(右下の人型アイコンをタップ)のピンアイコンをタップすると閲覧できるので、スクラップブックのように写真がマップ上に表示されます。

フォトマップを利用するときは、くれぐれも自宅の場所などが特定されるような投稿をしないように気を付けましょう。

 

「シェア」では、Facebookなど、外部のWebサービスに写真を同時投稿できます。

外部Webサービスのタイムラインに流すことで、写真がフォロワーなどの目に留まりやすくなります。どんどん活用しましょう。

 

閲覧

 

まずは誰かを「フォロー」しましょう。TwitterやFacebook経由で見つけたり、ネット上で情報を調べたり、方法は何でもかまいません。

 

2015-09-01 18.03.56

「+フォローする」をタップするとフォローは完了です。フォローすると、そのアカウントの投稿が自分のタイムラインに流れてきます。

 

投稿には前述の「ハッシュタグ」が付いているものがあります。ハッシュタグをタップすると、そのハッシュタグが付いた投稿だけを閲覧することができます。

 

2015-09-01 16.47.19 2015-09-01 17.49.42

このように、ハッシュタグには、自分好みの投稿や同じ趣味の仲間を、手軽に探せるようにするという役目があります。気に入った投稿があれば、その写真に「いいね!」を付けたり、投稿者をフォローしてみましょう。新たな発見があるかもしれません。

 

2015-09-01 17.45.18

タイムライン上のユーザーネームをタップすると、そのアカウントが過去に投稿した写真などを閲覧できます。

 

ここまで、度々「いいね!」という単語が出てきていましたが、この「いいね!」とは一体何でしょうか。

 

2015-08-12 09.15.04

一言で簡単に説明するなら、「この投稿を気に入った!」という“気持ち”です。

タイムライン上の写真の左下にあるハートをタップすれば「いいね!」が完了します。

その隣にある吹き出しアイコンは、タップするとコメントを書き込めるので、写真の感想を伝えてあげると投稿者が喜んだり、そこから新たな交流が生まれるかもしれません。

 

2015-08-12 09.13.23

また、写真をダブルタップしても、「いいね!」を付けることができます。

 

2015-08-12 10.42.21

なお、自分の写真に「いいね!」がついた場合は、アクティビティ(右下のハート吹き出しアイコン)に表示されたり、通知してくれたりします。

 

まとめ

 

写真が多くの人の目に留まると、それだけ「いいね!」の数、ひいては自分をフォローしてくれる「フォロワー」の数も増えてくることでしょう。

 

自分の写真に「いいね!」がたくさん付くと、それだけ多くの人が見てくれている、或いは気に入ってくれている…と、嬉しい気分になりますよね。

 

そこで、ここまでのまとめになりますが、より多くの人に自分の写真を見てもらうには、

 

1.ハッシュタグを(できるだけ多く)付ける

 

2.外部Webサービスに投稿をシェアする

 

以上の2点が重要と考えられます。

 

Instagramを使いこなして、何気ない日常を“アート”に変えちゃいましょう!

 

Writer Profile

浦和武蔵

浦和武蔵