【コラム】iPhone6sが発表されたけど気になるカメラ性能はどうなの?

iPhone6s

来たる9月9日(日本時間9月10日深夜)に新型iPhone「iPhone6s」「iPhone6s Plus」が発表されました。

4.7インチモデルの「iPhone6s」と5.5インチモデルの「iPhone6s Plus」で、気になるカメラ性能はどうパワーアップしたのか気になる所ですよね。

今回はiPhone6s、iPhone6s Plus(以後、6sシリーズ)のカメラスマホとしてどう進化したのかをまとめてみました。 

 

1.リアカメラの画素数が向上

iPhone6s_camera

iPhoneは4sから6まで800万画素リアカメラを搭載していましたが、iPhone6sシリーズは1200万画素のカメラを搭載。実に4年ぶりの画素数向上となりました。 

また、4K動画(フルHD動画1920×1080の4倍の解像度)の撮影に対応し、超高解像度で動画が保存できます。

こちらでiPhone6sで撮影した4K動画をダウンロードすることができます。4Kを再生できるディスプレイをお持ちの方は是非確認してみてください。

 

2.フロントカメラは500万画素に。自撮り用のフラッシュも。

iPhone6s_retina_flash

今までは自撮りの際に「ちょっと画質が悪いかな?」と思った方もいると思います。
iPhone6の120万画素から6sシリーズは500万画素へパワーアップし、自撮り写真も充分な解像度になりました。

それに加え、自撮りの際に液晶画面が光る「Retina Flash」機能が搭載され、光源が少ない場所でもキレイに自撮りができます。

 

4.気になる画質は向上したの?

スクリーンショット 2015-09-10 14.05.10

Apple公式サイトにて、iPhone6sとiPhone6s Plusで撮影されたフォトギャラリーが公開されています。

さすがの新型iPhoneです。一眼レフや高級コンパクトカメラで撮影したかのような画質で撮影出来ていることが分かります。

実際に、カメラ部分は画素数向上だけでなく、画像処理の最適化や新しいカメラユニットを搭載したことで更なる画質向上を図ったようですね。

しかし、噂されていた暗所撮影に強い明るいレンズが搭載される、という情報は6sシリーズのスペックシートを見る限り搭載されていないようで残念です。

 

5.6sと6s Plusのカメラ性能の差は?

スクリーンショット 2015-09-10 14.01.37

6sシリーズのカメラユニットは同じようで微妙な違いがあります。

画質や画素数は共通ですが、iPhone6s Plusのみ動画撮影時の光学手ブレ補正機能が搭載しているため、動画撮影メインに考えられている場合はiPhone6s Plus一択ではないでしょうか。

 

6.カメラスマホとして6sシリーズは買いか?

スクリーンショット 2015-09-10 18.41.53

カメラスマホとして6sシリーズは間違いなく「買い」です。

ただし、購入する際は保存容量に気をつけてください。
写真撮影時に最大画素数の1200万画素で撮影すると今までのiPhoneより最大保存枚数が減ってしまいます。

また、4K動画を撮影する場合は1分で400MB近くの空き容量が必要になることから、「iPhone6sで4K動画作品を作ろう!」と考えられている方は16GBモデルを避け、64GBまたは128GBを選ぶことをオススメします。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ドコモの事前予約は本日10日から、本予約は12日、発売日は25日からとなっていますのでイチ早く手に入れて、そのカメラ性能を試してみたいですね! 

 

出典:http://www.apple.com/iphone/ 


 

Writer Profile

yuichi.k

yuichi.k