【コラム】これならSNSで大好評!? お部屋の写真をキレイに撮る方法

s160128_t1

キレイに整頓したお部屋や、お気に入りのインテリアをみんなに見せるには、FacebookやInstagramなどのSNSが効果的で便利ですね。

せっかく写真を撮るなら少しでもセンスが良い物に仕上げたいですよね。今ではアプリで様々な修正が可能ですが、元々の写真を撮影するのに基本的なコツを抑えるだけで「より素敵な写真」ができますよ。
元が素敵なら、加工してもっと雰囲気のある写真に仕上がること間違いなし!

■まずはスマホのカメラを使いこなそう

a0002_010659

スマホのカメラ設定を十分に理解するのはちょっと難しいかもしれません。なので覚えておくことは、部屋やインテリアの写真を撮影する際は「フラッシュをOFF」にすることです。

フラッシュライトなどで照らされると、明るい箇所と暗い箇所に分かれてしまい、不自然に写ってしまいます。

■撮影するのは自然光の入る日中がオススメ

a1180_012195

撮影する時間帯は自然光の入る日中がオススメです。
夜に蛍光灯をつけて撮影…と言った方法もありますが、意外にも蛍光灯の光って暗いんです。暗い状態で撮影すると、写真がブレたりノイズがのってしまいます。

光を十分に確保できる自然光を入れて撮影してみてください。仕上がりが全然違いますよ。

■縦長より横長で撮影しよう 

aff7a8ca

スマホは縦に持つことから、縦に撮影しがちですが、縦長より横長の方が部屋が広く様々な家具や床などが写真内に収まります。
カメラの設定で「グリッド(縦線、横線)」を表示させ、水平や垂直を意識することで見やすくスッキリしたバランスの良い写真が撮れます。

■ちょっとした演出用に小道具を用意しよう

a1180_012224

普段の部屋を撮影するのも良いのですが、せっかくなので小道具をおいて演出するのも有効です。
趣味の物やオシャレな物を配置して、さり気ないアピールで差をつけましょう。

■プライバシーの設定はしっかりと

a1380_000087

スマホのカメラには設定により「撮影日時、撮影場所、カメラの機種」が記録されるなど、個人を特定される可能性がある情報が記録されます。

専用アプリによりそれらの情報は削除できたり、SNSで自動的に消去されることがほとんどですが、撮影場所に関しては予め設定でOFFにすることで最低限のプライバシー保護になります。

 

色々なアングルや何枚も撮影してベストな1枚をSNSにアップしてみましょう!
アプリで加工したり合成するなど様々な見せ方もありますが、「自分の納得した未加工の1枚」に対しての反響も気になりますね。

 

出典:マイナビ賃貸

※この記事はマイナビ賃貸のコラムの内容をベースに、加筆修正を加えた内容となっています。

Writer Profile

iPg*編集部

iPg*編集部